イクメンAKIRAのお役立ち情報部

元・育メン目線で人生をより充実したものにするお役立ち情報をオールジャンルでお届け!

*

河口湖でペットと泊まれる宿「河口湖アーバンリゾートヴィラ」へ泊まった感想

      2017/04/09

 
河口湖の眺め 3月も後半、息子たちは春休みに入り、のんびり過ごしています。

でも私だけは年度末ということで鬼のように忙しい日々を過ごしていて、

「息子たちよ、のんびりしてられるのも学生の今のうちだけだぜ。社会に出たらそうはいかんぞ!」

と心で呟く父でしたw

そんな中ではありますが、今年の初めに計画していた家族旅行の日がやってきました。

家族旅行計画の経緯はこちらです↓
>>ペットと泊まれる貸し別荘「河口湖アーバンリゾートヴィラ」をご紹介!

正直なところ、私自身はこの時期に観光などしている場合ではないんですが、今年に入ってからこの日を楽しみに頑張ってきたのも事実なので、家族の絆を深める小旅行、強制決行です!

この記事では、河口湖でペットと泊まれるホテル形式の貸別荘「河口湖アーバンリゾートヴィラ」に泊まった感想や河口湖の魅力をお伝えしていきたいと思います。

が、しかし事態は思わぬ展開に!

それは・・・

スポンサード リンク


河口湖アーバンリゾートヴィラの一番の魅力とは


晴天の河口湖からの富士山
河口湖アーバンリゾートヴィラの魅力は何と言ってもそのロケーションです。

目の前は何も遮るものもなく、河口湖と、その先には雄大な富士山。

まさに、河口湖と富士山を独り占めできてしまう、他ではなかなか味わえないこんな絶景を、広々とした貸別荘のプライベートガーデンから楽しむことができるんです。

晴れていれば・・・


実は、今回で河口湖アーバンリゾートヴィラに泊まりに来たのは2度目のリピートになるのですが、前回初めてここからの景色を、自分の目で目の当たりにした感動は今でも忘れません。

私の人生で一番の富士山と言えるかもしれません。

ですが、何の因果か、私たち家族が予約した3月26日(日)、3月27日(月)だけはの予報! 

えっ、この時期に雨じゃなくて雪?

その前後も、天気予報はずっと晴れなのに、よりによってなんでその2日だけ狙ったように天気が良くないの?

なんて嘆いていても仕方ありません。気を取り直して考えれば、雪の河口湖というのもまたオツなものかもしれません。

それに、河口湖アーバンリゾートヴィラの魅力はそのロケーションだけじゃありません。

また、前回も初日は曇っていて富士山にお目に掛かれませんでしたが、2日目に奇跡的に晴れ間が現れ、素晴らしい富士山と河口湖のコラボレーションを眺めることができました。

なので、今回もそんな奇跡を信じて疑わない、自称「究極の晴れ男」な私なのでした^^
でも、上の息子は実はなかなか強力な雨男。というのも、小中高の修学旅行はことごとく悪天候だったという実績を持っていますw
おまけに次男も究極のあまのじゃく。毎回、「そうきたか!」と、こちらが望む行動とは真逆の行動を取るという特技の持ち主w

晴れ男の父と、雨ふらし兄弟の対決、結果はもう決まったようなものですが、さて軍配はどちらに?

スポンサード リンク

河口湖アーバンリゾートヴィラのその他の特色

私がこの貸別荘を気に入った特色は、

  • 部屋数が4部屋だけなので、プライベート感が半端ない!
  • 広々としたプライベートガーデンでくつろげる
  • プライベートガーデンでバーベキューもできる
  • 河口湖エリアでは貴重なペットと泊まれる宿
  • 2階の浴室から富士山を眺めながら入浴できる
  • 天窓から星空を眺めながら寝ることができる
などなど^^

4部屋あるうちで、ペットと泊まれるのは、メゾネット(2階建て)タイプの「ローズマリー」と「カモミール」の2部屋。

部屋の雰囲気はそれぞれ特徴があって、前回泊まったカモミールは、フローリング基調のお部屋でしたが、今回宿泊するのはローズマリー。

この部屋の特徴は、白を基調とした爽やかさ。それと、角部屋ということで、よりプライベート感が味わえる広々としたガーデンがとっても魅力的。

実は、前回カモミールに泊まって、もちろん快適だったんですが、隣のローズマリーの広々としたプライベートガーデンでくつろぐ外国人客が実に絵になっていまして、次回はローズマリーにしようと家族で話していたんです^^

河口湖アーバンリゾートヴィラに泊まった感想!

予報どおり、当日は河口湖周辺は雪のよう。というのも、ご丁寧にアーバンリゾートヴィラの方から、朝、電話がありまして^^
「お車で来られる際は滑り止めの携行が必要かもしれません」
とのこと。

本当は、河口湖散策やオルゴール博物館など、周辺の観光をしてからチェックインする予定でしたが、天候の様子を見て出発を後らせることに。

丸源ラーメン
昼食は地元川崎にある、息子たちお気に入りの「肉そば」でおなじみ「丸源ラーメン」で済ませ、ゆっくり午後2時過ぎに出発。

ちなみに、天気が悪くて皆さんお出掛けにならないのか、昼過ぎだというのにメチャクチャ混んでました。
ここのラーメンも病みつきになりますから無理もありません^^

幸い、天気が悪い分道路は空いていましたので順調でしたが、高速道路の掲示板を見ると、富士五湖道路はタイヤチェーンが必要のよう。

私たちは、中央高速の河口湖インターまでなので、「どうかチェーンを付けなくても行けますように」と祈りながらの走行です。

霧のサービスエリア
途中のサービスエリアからの眺めはすっかり霧に包まれていて、とても心配だったのですが、河口湖インターまではなんとかチェーンなしで通過することが出来ました。

そこから河口湖大橋を渡って、湖畔をドライブすること約20分くらい。
途中、小雪が舞ってきたりもしましたが、なんとか無事チェーンなしで到着!

河口湖アーバンリゾートヴィラ
2度目ともなると、なんとなく故郷に帰って来たような錯覚に陥ります^^

現地はまさに、河口湖を一望できる最高の立地です。

以前来たときは、周辺は畑ばかりだったような気がするのですが、今回来てみると、何やら建物を沢山建てていました。

貸別荘建築中
貸別荘群になるんでしょうか。でも、このアーバンリゾートヴィラが河口湖を望むのに一番のロケーションであることに変わりはありません。

ということで、早速チェックインです。
ついに待望のローズマリーの鍵を受け取りました!
こちらの従業員さん、以前もそうでしたが、とてもアットホームな感じがしていいんですよね。

ローズマリー

角部屋「ローズマリー」の雰囲気って?

ではローズマリーのお部屋の雰囲気はどんな感じかといいますと・・・

まずはリビング。
リビング 紹介されていた通り、白基調の爽やかな空間です。一瞬、日本じゃないような錯覚も覚えます。
ちなみに、座布団はワンコ用に我が家から持参したものですw

玄関から入ったらこんな感じ。
アーバンリゾートヴィラ入口 2階への階段が特徴的です。

そして、噂のプライベートガーデンからの眺めはこちら。
アーバンリゾートヴィラプライベートガーデン マジで広すぎ!これで天気が良ければ河口湖の向こうに富士山が見えたのに・・・ やっぱり残念です^^

前回もフルーツ盛り合わせの差し入れを頂きましたが、今回はこちら。
イチゴ盛り合わせ 大きなイチゴの盛り合わせです。あっ、本当はお皿いっぱいに盛ってあったんですよ。
思わず家族みんなで食べた後ですんで^^ 何という種類か聞くのを忘れてしまったんですけどね。

こちらはキッチン。
ダイニングキッチン 作り付けのカウンター形式のテーブルがおしゃれです。前回泊まったカモミールのテーブルは作り付けではなかったのでこの辺はバリエーションを持たせているんでしょうね。我が家は4人家族ですが、定員の6人で泊まっても十分な広さです。

お風呂はこちら。
バスルーム 2階にありまして、窓からの眺めを楽しみながら入浴することができます。温泉ではありませんが、明日天気が良ければ朝風呂といきたいですね^^

寝室の天井はこんな感じ。
寝室 高い天井に天窓。天井扇が優雅に回っています。この天窓から星空を眺めるのが通の楽しみ方。といっても、こちらの部屋は妻と次男が既にキープ。私と長男はもう一つある別の寝室です・・・

ついでにトイレはこちら。
全自動トイレ 外国人にもとても評判の良い全自動です。トイレのドアを開けると蓋が自動で開いて一瞬ビックリ。操作パネルで、中蓋の開閉から、洗浄までできてしまいます。トイレになかなかお金を掛けていますねw

観光しなかった分、お部屋をじっくりと観察してしまいました!!

そうそう、それと、無線LANも使えます。
ちゃっかり上の息子は、先日プレゼントしたノートPCを持参し、下の息子も自宅から大好きなユーチューブを見るためにタブレットを持参してましたw

おいおい、君たち、そういうところは周到じゃない!何も持ってこなかったのは父だけかい・・・

「旅先では旅だけを楽しむのが父のポリシーさ!」と負け惜しみを言う私でしたw

周辺を散策した感想

折角なので、天気は悪いですが湖畔まで足を延ばしました。
曇りの河口湖 本当は、河口湖の向こうに富士山が見えるはずなんですが・・・

遊歩道も散歩してみました。
遊歩道 雪が積もっています。またいつ降り始めるか分からない空模様です。

遊歩道の先には、富士山を模した花壇がw
富士山花壇 本物の富士山は見れませんでしたが私はこの富士山で十分です^^

そうこうしているうちに日も暮れてきて、ライトアップされた河口湖アーバンリゾートヴィラがこちら。
アーバンリゾートヴィラ ライトアップ
アーバンリゾートヴィラ ライトアップ2 なかなか幻想的で美しいです。

遊歩道はお花畑のようなので、3月末のこの時期はまだちょっと早いですかね。
見ごろは、もう少し後のゴールデンウイークあたりかと。でも、そんな時期はとても予約なんて取れないでしょうけど。
のんビり過ごすには、春休み後半のこの時期は狙い目だと思います。

キッチンやお風呂の使い勝手は?

そろそろお腹も空いてきたので徘徊から戻ると、ワンコが座布団でくつろいでいましたw
座布団 ワンコ でも、ワンコにとっては、床はフローリングのほうがやさしいかもしれませんね。

ということで、夕食は前回も強風のためできなかった庭でのバーベキューにしたかったのですが、寒がり家族の私たちは今回も見送ることに。
ただ、この寒空にもかかわらず、お隣のご家族は庭でバーベキューをやっていました。

そこで、夕食は部屋内で、ホットプレートをを使っての焼肉パーティーです。
キッチンには一通りの調理器具が揃っていまして、もちろんホットプレートも備えられています。開放的で、広々としていて我が家のキッチンより使い勝手がいいですね。

ただ、ホットプレートをコンセントにつなぐのに、延長コードが欲しかったです。
まぁ、後から考えれば、フロントに借りに行けば良かったんでしょうけど、何とかなったんでヨシとします^^

食材は、地元の「ロピア」で肉をメインに沢山買い込んで、クーラーボックスに詰め込んで持参。息子の卒業祝いを兼ねたパーティーのはじまりです!!
しかし、旅行先って、なんでこんなに食欲が出るんですかね^^


いろいろ河口湖アーバンリゾートヴィラの魅力をご紹介してきましたが、1点残念だったのは、お風呂に追い炊き機能がないこと。

家族は食事前に入浴を済ませて良かったんですが、私が夕食後に入浴しようとしたころには、すっかりぬるくなってしまってました。そこで注ぎ足しをしようとしたんですが、なぜかすぐ途中でお湯が止まってしまい、やり方を理解するまで裸で30分くらい悪戦苦闘する羽目になってしまいました。

お風呂の使い方
お風呂の使い方だけは、ちゃんと入浴前に説明書を読んで理解しておくことをおすすめします!


雪景色の河口湖アーバンリゾートヴィラ

入浴を済ませ、外を眺めると、大粒の雪が降り始めていました。
これは確実に積もりそうな雰囲気。チェーンなしで帰れるといいんですが・・・

なんて心配もつかの間、日中の疲れと、お酒が回ってきたのと、ベッドの寝心地の良さでいつの間にか、寝室のテレビを見ながら眠りに落ちていました^^

そして翌朝の庭からの眺めがこちら
雪景色の河口湖
積雪15センチくらいでしょうか。しっかり積もっていますね。ただ、朝には雪は止んでいて、このくらいなら何とかチェーンなしで帰れそうかな。

ちなみに、山中湖方面は積雪60センチだったとか。朝のニュースでそう言ってました。もし、山中湖まで足を延ばしていたら、確実にチェーンを装着する羽目になっていたことでしょう。

そうそう、朝のニュースといえば、昨日は大相撲の千秋楽だったということで、相撲のニュースもやっていたのですが、優勝は新横綱 稀勢の里!
前々日に肩に重傷を負ってどうなるかと思っていたのですが、まさか、本割、優勝決定戦と2連勝して優勝するとは!

私たちが浮世から離れている間、世間ではそんな感動的な出来事が起こっていたんですね^^

河口湖アーバンリゾートヴィラのテレビで見た稀勢の里のインタビューは、雪の河口湖と共に末永く私の記憶に残ることでしょう。

それはさておき、車の様子を確認してみると、案の定車にもガッツリ雪が積もっていました。
必死こいて車の雪を払っていたら、雪かきをしていたヴィラの女性従業員さんが手を止めて、一緒に手伝ってくれました^^
雪のアーバンリゾートヴィラ
ワンコも雪の庭を堪能w
雪とワンコ
当然ながら、富士山は見ることはできませんでした・・・
雪の河口湖
でも、こうしてみると、雪の河口湖もなかなかいい雰囲気じゃないでしょうか?

きっと後々まで記憶に残る河口湖の旅となることでしょう^^


ヴィラの従業員さんとの触れ合い

朝食は、持参したピザをレンジでチン!
昨晩、あんなにたらふく食べたのに朝は朝で不思議とお腹が空いてるんですよね。
これも旅の魔力です。

お陰でまた食べ過ぎですわ(汗)

晴れていれば、優雅に朝風呂としゃれこみたかったんですが、生憎の天気ということでそれは止めて、代わりに、ワンコと雪の庭で戯れてました。

そんなこんなで、楽しかったひと時もそろそろお開き。気付けばあと10分で10時です。バタバタと帰り支度をしてチェックアウト!
結局、少し10時を回ってしまったんですが、ヴィラの方は笑顔で待っていただけました。

そして、お別れ時はアーバンリゾートヴィラの女性従業員さんが2人してお見送り。車が見えなくなるまでずーと見守ってくれてました^^
そういえば、前回も私たちの車が見えなくなるまでずーと見送ってくれていたのをそのとき思い出しました。

富士山の眺めもさることながら、こういうちょっとした気遣いもまた来たくなる理由なんでしょうね。

今回、富士山を拝むことはできなかったんで、また機会があればぜひ訪れたいと思います。

雪の河口湖畔での思い出作り

折角レアな「雪景色の河口湖」なので、観光スポットをまわるより、河口湖周辺で雪遊びをすることにしました。

チーズケーキ屋
湖畔のチーズケーキ屋さんでお土産を見て回って、ちょっと車を置かせてもらい、河口湖まで散策です。

雪の河口湖
おっと、これは雪だるまをつくるのにうってつけのロケーションじゃないですか。

どこに行ってもあまり楽しくなさそうな次男がいつになく色めき立って、やる気満々のニヤリとした表情をしているので、

「よーし! みんなで雪だるまを作ろう!」

ということに^^


雪原をコロコロすること30分、家族みんなで作り上げた雪だるまがこちら
雪だるま
通りすがりの観光客の方々が何組か立ち止まって不思議そうに見てましたが、私たちはお構いなしw

何とも不気味な雪だるまが出来たものです(爆)

奇しくも周辺には、「河口湖黄金の七福神」なる守り神様が点在してまして、

部沙門天
大黒天
第八の守り神の登場ですw
ご利益は魔除け??

雪だるま
お陰でいい運動ができましたが、朝食を食べ過ぎたせいで、時刻はもう昼近かったんですが、家族みんな、まだお腹が空くまでではありません。

折角の河口湖なんで、お昼はほうとうにしようと決めていたのですが、まだしばらく食べれそうにありませんでした。



結局、お土産にほうとうを買って帰って、夜家でつくって食べようかということに。

こうして私たち家族は、帰路についたのでした^^

河口湖アーバンリゾートヴィラの所在地や宿泊料金について

楽しかった感想ばかり書いて、所在地や宿泊料金をお伝えするのを忘れてましたね^^

所在地は「山梨県南都留郡富士河口湖町大石2585-122」

山梨県南都留郡富士河口湖町大石2585-122


川崎在住の我が家からだと、中央高速の調布インターから途中1回サービスエリアで休憩を挟んで約2時間くらいですかね。道路が空いていれば丁度いいドライブです。

宿泊料金は、1棟4名までが基本(税別)で、

平日料金:33,000円
土曜料金:38,000円

年末年始や夏休みなどのトップシーズンは、時期によって、

46,000円、65000円

となります。

なお、未就学児は宿泊料金無料、また、宿泊客5名以上の場合は、1名追加するごとに、4,000円が加算されます。

ペット料金は、

8kgまでの小型犬:2,000円
猫及び小動物:1,000円

となり、ペットは1階リビングのみ宿泊可です。

私たちは、日曜泊だったので、3,3000円+2,000円でした。

トップシーズンが高いのは仕方ありませんが、平日の宿泊が可能であれば、一人あたま、8,250円ですからね。それで、富士山を独り占めできて(今回はできませんでしたが・・・)、別荘気分を堪能できるのであれば、とってもリーズナブルだと思います。ペット料金もかなりお安いほうではないかと。


ただその分、競争率も高かったりするんですけどね^^

さいごに

前回のカモミールと、今回のローズマリー。泊まり比べた感想は、あくまで私の主観ですが、角部屋のローズマリーが快適だったかなと。

ただ、これは、私が広々とした庭にこだわりがあるからというだけです^^

各部屋それぞれ特色がありますんで、どちらも泊まり比べてみるのがいいんじゃないかと。

ただ、日本人の私としては、床は、ゴロッと寝そべることが出来るフローリングのカモミールに軍配があがりますかね。

また、残念ながらペット可ではないので、私たちは泊まれませんが、ラベンダーやミントという別部屋もどんな雰囲気なのか、できたら泊まり比べてみたいです。

ちなみに、この河口湖アーバンリゾートヴィラは外国の方の宿泊も多く、前回も今回も外国の方が泊まってました。床が石貼りのローズマリーは恐らく外国の方に人気なのかもしれません。

そんな、世界遺産である富士山の大パノラマと、異国情緒をリーズナブルに楽しむことができる「河口湖アーバンリゾートヴィラ」は、わたしのお気に入りの宿です。

あなたも河口湖方面に行く機会があれば、宿の候補に挙げていただいてはいかがでしょうか^^


スポンサード リンク

 - レジャー