イクメンAKIRAのお役立ち情報部

元・育メン目線で人生をより充実したものにするお役立ち情報をオールジャンルでお届け!

*

ニジイロクワガタにハマッタ! 美しいだけじゃないその魅力とは?

      2017/06/21

ニジイロクワガタ
夏休みも終盤となってきて、
昆虫採集もそろそろシーズンオフが近づい来ました。

この時期になるとあんなに元気だった虫たちも
1匹倒れ、2匹倒れ・・・

今では、5匹いたカブトムシも3匹になり、
道志村でゲットしたミヤマクワガタも、
昨日までは元気だったのに、
今朝見てみると旅立っていました・・・

最近、そんなに暑くなかったので、
もう少し長生きしてくれると思ったのですが、
やはりミヤマは短命ですね。

折角なので標本にして大切に保管しようとは思います。

——————————————————————–
昆虫標本作るならこの標本セットが我が家の定番。

安い・手軽・沢山できるの3拍子。

付属ケースは、1~2匹用ですが、コーティング剤自体は、5~6匹くらいはもちます。
ケースはスーパーの透明パックを流用して、
去年は、これ1つで小型のクワガタ10匹以上を標本化しました。
——————————————————————–

とはいえ、ほかの、ノコギリクワガタや、
コクワのペアはまだまだ元気!

昆虫ゼリーを交換してやろうとすると
相変わらず大あごを広げて威嚇してきますw

でも、お気に入りのミヤマクワガタが旅立ってしまい、
息子は傷心気味。


そんな折、とあるホームセンターで昆虫売り場に立ち寄ってみると・・・

時期も時期なため、半額売り尽くしセールを開催していました!

知っている人は知っていると思いますが、実は
8月終盤のこの時期こそ、カブトムシや、クワガタを安く手に入れる
チャンスだったんです。


中でも、オオクワや、ニジイロクワガタなど、
長生きするクワガタが狙い目
です。

スポンサード リンク


オオクワガタや外国産のカブト・クワガタたちが
半額で買える・・・

天然ものにこだわる息子といえど、色めき立ちました。

一応そこでスルーするわけにもいかず、

「どうする?あまり長生きしないかもしれないけど買う?」

と聞いてみると、

「買う」

との返事。

ただ、半額といえどもオオクワガタはそれなりのお値段。

そこで購入を決めたのがニジイロクワガタのペア。

DSCF1004

そもそも、ホームセンターで昆虫を買うこと自体滅多にありませんが、
ニジイロクワガタを買ったのは初めてです。

さすが、世界で一番美しいクワガタと言われるだけあって、
その虹色に輝くボディは奇跡の美しさです。

初めて手に取ってみた息子も、
すっかり上機嫌。

よくよく見てみると、
結構かわいらしい顔つきですw

ミヤマが旅立ってしまったショックも
きれいさっぱり忘れてしまったかのよう。

ただ、以前外国産のクワガタを飼ったことは数回ありますが、
いずれも短命に終わりました。

中には、気性が荒く、ペアで飼育していたら、
オスがメスを挟んで傷だらけにしてしまうなんて種類も。


ニジイロクワガタ人気の秘密


そこで、ニジイロクワガタの飼育方法について調べてみると、
美しいだけじゃなかったんです。

ニジイロクワガタ人気の秘密とは、

・生命力が強く、1~2年と長寿命
・性格が穏やかなのでペアで飼育できる
・意外と暑さ寒さに強い
産卵数が多く、繁殖力も強いので、ブリーディングにも挑戦できる

こんな魅力あふれる特長をもった昆虫だったんです。

ニジイロクワガタが自家繁殖できたら楽しいですよね。
(虫好きにとっては)

今までは、先入観で、こんなに美しいんだから、
短命だろうと思っていたのですが、性格が穏やかなこと以外、
私の持っていたイメージと真逆でしたw

息子にもそんな話をしたところ、
繁殖に興味を持ち出しまして・・・

こりゃ、もしかすると
ニジイロクワガタのブリーディングに挑戦する羽目になりそうですわ。

あなたも昆虫界の宝石、ニジイロクワガタを
飼育してみたくなってきました?



スポンサード リンク

 - 季節のイベント, クワガタ採集 , ,