イクメンAKIRAのお役立ち情報部

元・育メン目線で人生をより充実したものにするお役立ち情報をオールジャンルでお届け!

*

投資ワンルームマンションの売却方法4 査定額比較編/一括査定サイト

      2017/09/02

 
査定(イラスト) ワンルームマンションの売却を決意し、各社に依頼した査定額が出揃いました。

今回査定依頼した不動産会社は以下のとおりです。

まず、不動産売却一括査定サイト「イエウール」で推奨された会社として、

・(株)東・仲
・住友林業ホームサービス(株)
・京急不動産(株)
・三井不動産リアルティ(株)
・(株)大京穴吹不動産


不動産売却マッチングサイト街角相談所-不動産-から紹介された不動産屋さんとして、

(株)ミッチーリアルエステイト


ワンルームマンション売却に特化した不動産会社の有力候補として、

(株)FGH


以上7社に査定依頼をしました。

さて、どのような査定結果が出てきたでしょうか?

★これまでの経緯はこちら★
>>投資ワンルームマンションの売却方法3 査定依頼編その3/ワンルームマンション特化型不動産会社

スポンサード リンク


前提として、私の所有している物件の概要は、

・物件価格:2300万円
・部屋のタイプ:1k 10階角部屋
・専有面積:21.4㎡
・築6年
・最寄り駅から徒歩3分
となっております。


各社査定額を比較!

まず、イエウールで査定を申し込む際、コメントを記入できる欄があるのですが、
そこに、「連絡はメールを希望。電話による連絡はご遠慮願います」
という一文を入れておきました。

多分、そんなコメントは気にもせず、
当たり前のように電話を掛けてくるだろうとは予想しつつ一応。

住友林業ホームサービス

査定依頼した当日、トップを切って「電話」を頂いたのが
住友林業ホームサービスさん。

もちろん、電話応対は誠実なものでしたが、
一応、「コメントに、連絡はメールでと記載したはずですが?」
と質問させていただくと、
「査定するに当って、正確を期するには詳細を伺った方がいいので」
とのこと。

私も電話は想定内でしたので、それ以上は追求せず、詳細情報をお伝えしまして、
算出していただいた金額が1750万円

正直、せめて最初は多少色を付けてこちらが喜ぶ金額を
提示してくれると思ったのですが、実に現実的でのっけからトーンダウン。

ただ、電話をくれた担当者さんは、他社の動向を気にされていましたので、
住友林業さんが最初に連絡をくれた旨伝えまして、
他の会社さんの査定額が出揃った時点で検討して、
こちらから連絡するようお伝えしました。

不動産会社としては、顧客を獲得することが重要ですので、
電話連絡は当然の行動だと思います。

担当者さんの印象としては、誠実で、とても現実的な方だと思いました。

三井不動産リアルティ

予想外に、他の不動産会社さんは私の希望を汲んでくれまして、
電話での連絡はありませんでした。

三井不動産リアルティさんが査定依頼当日、
メールで送ってきてくれた査定額は2270万円

ずいぶん高値じゃない?
と思って、早速問い合わせたところ、
どうも、純粋なる空き部屋だと思っての査定額だとのこと。

どういうことかといいますと、
私の場合、物件の管理は管理会社に一括委託しておりまして、
私の元には、黙っていても家賃収入が入ってくる仕組み。

こういう契約をサブリース契約というそうですが、
それは、現状、部屋が空室であっても賃貸中の扱いになるそう。

その場合、査定方法が、
家賃を元にした利回りから算出する方法(収益還元法)になるそうで、
つまり、投資マンションの場合、通常の空き部屋とは査定方法が違うのです。

というような説明を受けた上で、
再度査定をし直したいとのこと。

私としては、各社査定額が出たところで
改めてご連絡するということにしてもらいました。

若そうな感じの担当者さんで、押しも強くなく、
いろいろ教えて頂いて好印象でした。

大京穴吹不動産

大京穴吹不動産さんも査定の連絡は、査定当日メールにて頂けました。
その結果はといいますと、

【成約予想価格】
 1900万円~2100万円

【売り出し適正価格】
 2100万円~2280万円

【チャレンジ価格】
 買手市場の動向を見ながらの戦略的価格

と、3段階の価格設定を提示。

私の想定していた価格帯に最も近く、希望が持てそうな予感です。

しかも、翌日には会社案内や、
マンション売却に関する資料が郵送されてきました。

DAIKYO
とてもやる気が感じられて好印象です。

その資料の中の、「買い取り保証サービス」に興味が湧きました。
これは、一定期間内に仲介で売却が成立しない場合は、
事前に約束した金額で大京不動産さんの方で買い取ってくれるサービスだそう。

もし売れなかったら・・・
という不安を解消してくれる心強いサービスです。

(株)東・仲

(株)東・仲は東京、神奈川の中古ワンルームマンションを中心に
投資物件を扱っている会社さん。
私も聞き覚えはあります。

一括査定依頼をしてから2日後にメール返信をもらいました。

やはり、こちらの希望を汲んで
電話ではなくメールにて問い合わせてくれました。

このメールでは、査定するにあたって、
現在の賃貸状況、月額家賃、管理費・修繕積立金など、
詳細の確認をしてから査定したいとのこと。

詳細を返信すると、さらに2日後、査定書を
メール添付にて送って来てくれました。

それによると、査定額は1690万円~1810万円

メール本文にて、購買意欲の高い顧客を多数抱えていること、
仲介手数料を割引してくれることが書いてあり、興味をそそられましたが、
私としては、査定額でもう一声欲しかったところです。

ただ、時間を掛けて査定していただいただけに、
この金額であればほぼ確実に売れるという自信があるのでしょう。


スポンサード リンク

さいごに

ということで、イエウールで依頼した4社が出揃った訳ですが、
もう1社が一括査定依頼後1週間を過ぎても何の連絡もありません。

まさかのスルーでしょうか?

イエウールで、必要な情報は全て入力して査定依頼しましたし、
現に、他の4社さんはきちんとその情報で査定してくれました。

なので「冷やかし」という判断はあり得ないと思います。
とすると、もしかして「電話はしないで!」というコメントに違和感を覚えたのかもしれません。

住友林業さんなどは、私のコメントにもかかわらず電話で問い合わせをしてきた上で、誠意を見せてくれたというのに・・・

私だって別に電話をしてきたからといって、約束が違う!と目くじら立てて怒るつもりはありません。


まぁ、ただ単に査定依頼自体に気づかなかっただけかもしれませんし、いずれにしてもその会社さんとは縁がなかったものときっぱり諦めるしかありません^^


さて、気を取り直して、まずこの4社から1社を選ぶのも悩みどころです。

どの会社さんもやる気は十分ですが、査定額で一番高い額を出してくれた大京穴吹不動産が今のところ一歩リードといったところ。

あとは、担当者さんとの相性の問題になってくるんですかね。

それに、あと2社の不動産会社の方との交渉もありますし・・・

ここが運命の分かれ道、悩みどころです^^


不動産一括査定で候補として選択される会社は、物件概要、物件住所などによって変わってきますから、あなたに最適な不動産会社はこちらからご確認下さい。↓ ↓ ↓

不動産売却一括査定スタート!



>>投資ワンルームマンションの売却方法5 査定額比較編その2/マッチングサービス・他
スポンサード リンク

 - 不動産, 投資マンション