イクメンAKIRAのお役立ち情報

育メン歴20年の目線で生活をちょっと充実させる色んなお役立ち情報をお届け!

*

犬などペットも入園できる水族館!京急油壺マリンパークの見どころを紹介

      2018/08/19

 
マリンパーク全景
2018年、今年の夏は危険な暑さですよねぇ~。

お盆休みは久々に4連休が取れた私ですが、こう暑いとどこへも行く気がしません。

ウチの中学生の息子も、元々出掛けるのは好きじゃありませんので、自宅でゲームでもして過ごしていたいのが本音なのですが、夏休みの宿題で、どこかに出掛けた感想を写真付きで提出しなければなりません。

そこで、どこにお出かけしようかと家族会議の末 満場一致で、

「こう暑いときは涼しく水族館でしょう!」

ということになりました^^


ただ、我が家にはペットのチワワがおります。

自宅のエアコンをつけっぱなしにして、お留守番という手も無くはありませんが、9歳というそろそろワンコとしてはいい歳になってきたこともあるし、電気代も気になるしで、それはちょっと避けたいかなと。

そこで、関東でペットも入園できる水族館はないものかとネット検索したところ、4件ヒットしました。

その中の一つが、京急油壷マリンパークです。4件ヒットした中で我が家から一番近い水族館ということで決めました。

確か、息子たちがまだ幼かったころに1度行ったことはありますが、まだその当時はワンコを飼っていなかったのでペットも入園できるかどうかなんて気にもしませんでした。

しかし、関東の水族館でペット入園OKなところがたった4件とは・・・

ずいぶん少ないし、逆にペット入園許可してくれるところはその気づかいに感謝です。ただ、京急油壺マリンパークの場合ペット入園料として500円かかりますが、それはヨシとしましよう^^

神奈川県三浦市ということで、お盆休みの真っただ中、海水浴客も多そうで渋滞が気がかりですが、意を決して出かけてきましたのでその様子をお伝えさせていただきます。

スポンサード リンク


京急油壷マリンパークの基本情報



住所: 神奈川県三浦市三崎町小網代1082

入園料: 大人(高校生以上):1,700円 中学生:1,300円 小学生:850円 幼児(3歳以上):450円 ペット:500円

営業時間: 9:00~17:00 最終入館時間は閉館時間の30分前まで

駐車料: 乗用車 1日1000円

ホームページ:http://www.aburatsubo.co.jp/index.php

※事前にホームページにて簡単なアンケートに答えると割引クーポンが発行されます。
 大人:1,500円 中学生:1,150円 小学生:750円 幼児:400円 ペットは対象外w

ペットの入園
犬:ホームページにてダウンロードできる誓約書への署名および、発行1年以内の狂犬病予防注射済票または犬鑑札+狂犬病予防接種証明書の提示が必要となります。

そのほかのペットとして、猫、フェレット、ウサギ、鳥類、爬虫類、なども所定の書類を提出すれば入園可能です。中には連れてくる方もいるのでしょうが、豚やヤギなども入園可能みたいですw

※ペットの入園が制限されるエリアもありますので、チケット購入時に確認してください。

ペット同伴園内案内
ペット同伴客にはこんなエリアマップが配布されます。


スポンサード リンク

京急油壷マリンパークまでのアクセス状況

我が家のお出かけは、ペットがいるのと、息子が電車・バス嫌いな為、車専門です。

川崎の我が家からですと、東名に乗って横浜町田インターから、横浜横須賀道路、三浦縦貫道を経由する流れになりますが、お盆休み中ということで、東名に乗ったとたんにノロノロ・・・

途中、多少流れたところはありましたが、三浦縦貫道を降りて一般道で京急油壷マリンパークに到着するまで、途中1回トイレ休憩&昼食は入れたものの、10:00過ぎに自宅を出発して、現地に到着したのは14:00ごろでした( ノД`)シクシク…

まあ、ほぼ全区間にわたって渋滞していたということです。

一般道に降りてから、三浦という土地柄、いたるところでスイカの即売をしていたのが印象的でした。

スイカ
多分、その辺で買うのより安くてうまいんでしょうね。買いはしませんでしたが・・・

そうそう、三浦縦貫道の出口で、サプライズがありまして、、

この料金所はETC対応ではないので、係員の方に対応してもらう形になるのですが、通行料を支払ったら、領収書と一緒に、なぜか京急油壺マリンパークの半額割引券をくれたんです。

家族連れのドライバーみんなに渡しているのかどうかわかりませんが、不愛想な係員さんがおもむろに渡してくれたこの割引券、めちゃくちゃ嬉しかったですねぇ^^

一応、事前に割引のアンケートクーポンは発行してきたのですが、そんなもの必要なくなってしまいましたw

夏休み期間限定なのか、ほかの目的で三浦に来た訪問客の興味を引くためなのか、その理由はわかりませんが、家族全員半額になるとなるとその破壊力は絶大ですよね。ただし、ペットは対象外でした^^


京急油壺マリンパークの見どころ

では早速京急油壺マリンパークの見どころをピンボケ写真を交えてご紹介します!

まずはコチラがないと入園できませんので^^

割引チケット
大人1,700円のところ、半額の850円で入園できました。

今回、私と妻、大学生の上の息子も付き合わせて大人3人&中学生の息子&ペットのチワワで行きましたので、
大人 1,700円×3人=5,100円
中学生 1,300円
ペット 500円
計 6,900円

掛かるところ、人間は半額割引となり、

大人 850円×3人=2,550円
中学生 650円
ペット 500円
計 3,700円

差額 6,900-3,700=3200円

が、お得に!!


では行ってみましょう! 
ということで最初にお出迎えしてくれるのが触れる水槽のアメフラシ(たぶん)

アメフラシ
固すぎず、柔らかすぎず、何とも言えないぐにゃっとした触感がいつまでも手に残ります・・・

その他に、小型のサメも触ることができまして、こちらはまさに鮫肌のやすりのようにザラザラした触感が不快でしたw

触った後は、手洗い場でしっかり手を洗いましょう!


続きまして水族館「魚の国」です。

メガマウス
巨大な口の希少種、メガマウスシャークの模型の存在感が半端ありません。

もちろん生きたサメたちも悠々と泳いでます。

シロワニ
「魚の国」には様々な海洋生物が展示されていますが、私はどうもサメの印象がとても強く残りました。

というのも、正直、おさかなよりも、他のお客さんが連れているペットのワンコたちに意識が行っちゃいまして^^

ペット1
ペット2
彼らと目が合うと、ついつい笑顔でそちらを見てしまうんですよねぇ。

中には覗くと寄ってくるお魚もいました。

集まってくるおさかな

あしか島ではちょうどお食事タイム!


メス2頭にオス1頭といううらやましい?環境。

写真は、オスのみなと君。

体の大きさはメスの倍くらいあるド迫力です!

今繁殖期だそうで、おさかなをくわえはするものの、すぐ吐き出してました。繁殖期のオスはエサをあまり食べなくなるんだとか。


カワウソの森ではかわうそたちが忙しそうに行ったり来たりしていました。


水を飲んでいるときがシャッターチャンスです。


なぎさのステージでは謎の戦隊ショーをやっていましたが、うちの家族はちょっと年齢的に興味なしでした。


暑い中、全身衣装をまとってのパフォーマンス、ご苦労様です。熱中症にはくれぐれもご注意を。


ペンギン島ではペンギンたちがポーズをとって固まってましたw


そろいもそろって身動き一つせず、一体何を考えているんでしょうね??


何故かフクロウさんもいました。

フクロウ

もちろん昆虫コーナーもあります。



レストランのマグロ尽くしが気になりますが、昼食は渋滞中に済ませてきましたので^^


ただ、息子もマグロが食いたくなったらしく、リクエストで今日の夕飯はマグロにしようということになりました。


展望台から相模湾が一望できる潮風校舎からの景色がこちら。


暑いは暑いですが、海風が心地よく、川崎より過ごしやすいです。


ペット用施設として、ドッグランも設置してありました。大型犬にはちょっと窮屈かな、と思う広さですが中型犬、小型犬にはちょうどいいかと。私が通りかかったときはたまたまかもしれませんが、利用者は誰もいませんでしたが、あしか&イルカショーの開演時間が近かったので、うちも利用しませんでした。


そしてさいごに、これを見なければ始まらない、屋内大海洋劇場「ファンタジアム」での、あしか&イルカショーの様子です。

ペット同伴ショー入り口
ペット同伴者出入口
ペット同伴客は、一般客とは別に、ステージに向かって右側のペット同伴客専用出入口からの入場となります。

ショーの進行役はペンギン君です。


何とも懐かしい昭和の雰囲気を感じたのは私だけでしょうか? 油壺マリンパークが50周年を迎えたことはペンギン君から聞いて初めて知りましたが、当のペンギン君は昔から変わってないのかなぁ?

ショー_樫の木
モノ言う樫の木の精霊w はるか昔から油壺の地に根を下ろしてずっと見守ってきたんだとか。さすが、長年やってきただけあってペンギン君との掛け合いは息が合ってますw

さて、いよいよ本番、芸達者なあしかたちが算数に挑戦!

ショー_アシカの算数
インチキのにおいがプンプンしますが、果たして油壺マリンパークのあしかたちは本当に算数ができるのか???

クライマックスはイルカのジャンプ!

ショー_イルカ2
ショー_イルカ
ショー_イルカ3
イルカたちのジャンプ力、空中縦回転、横回転などの技には驚嘆するばかり。自然に拍手してしまいます。

終いには、あしかの演奏に合わせてイルカたちがかわいい声を張り上げての合唱まで披露!!

時間を忘れて楽しませてもらいました^^

ショー_終わり
ただ一人、我が家のワンコだけは後半飽きてじっとていられず、妻の膝の上であっちを見たりこっちを見たりしてモゾモゾしてました。


関東でペットも入園できる水族館

ご参考までに、関東でペットも入園できる水族館は下記の通りでした。

  • 栃木県 なかがわ水遊園
  • ホームページ:http://tnap.jp/index.php

    アマゾン川を再現した400tの巨大水槽が見ものです。

    ※ペットは、公園内OKとのことです。

  • かつうら海中公園
  • ホームページ:http://www.katsuura.org/

    沖合60mの海中展望塔から、海底の様子を観察することができます。

    ※ペットはケージに入れていればOKです。

  • かすみがうら市水族館
  • ホームページ:http://kasumigaura-aqua.com/

    主に霞ケ浦に生息する魚類を展示。2018年4月にリニューアルオープンしたばかり!

    ※ペットはケージ人れるか、抱きかかえていればOK


さいごに

暑い夏のレジャーということで、水族館を選んだのは正解でした。屋内展示場やショー会場は涼しくて快適だし、屋外はもちろん暑いは暑いですが、海の眺めや、水と戯れるアシカやペンギンを見ていると涼やかな気分になれました。

ただ、覚悟していたこととは言え、三浦方面の夏の渋滞は半端ありませんね。我が家からたかだか60km足らずの距離を、高速道路を使ったにもかかわらず行き帰りとも約4時間ですから。

でも入園料は想定外のサプライズで半額で済んだし、京急油壺マリンパークは開園50周年という節目の年だったし、(って、こちらはそれで何か得をしたとかとかではなく、単にめでたいというだけですが、、) イルカやアシカのショーも楽しめたし、息子の宿題ネタの写真も撮れたし、十分満足しました。

しかしペット連れで楽しめる水族館となると、ほんと少ないんだなぁと思いましたね。なんせ関東でたったの4件ですから。

今回もほんとにたくさんの方々が油壺マリンパークにペット連れで来ていましたが、もっと多くの水族館でペットOKになってくれれば、お客さんも増えるんじゃないかと思います。

ペット同伴のご家族はもちろん、ペット同伴なしのご家族も、暑気払いに、今年50周年の京急油壺マリンパークに行かれてはいかがでしょう。高速出口で半額券がもらえるかもしれませんよ。
(いつまでもらえるのか確認した訳ではありませんのであくまで「もらえるかもしれない」ということで)


スポンサード リンク

 - レジャー, テーマパーク ,