イクメンAKIRAのお役立ち情報

育メン歴20年の目線で生活をちょっと充実させる色んなお役立ち情報をお届け!

*

静かな目覚めに「めざましカーテン mornin’ plus(モーニンプラス)」はいかが?

      2018/08/21

 
カーテン
朝起きるのに理想的なのは、朝日を浴びて自然に起きることですよね。

とは言っても、カーテンを開けっぱなしで寝るのも落ち着かないし、防犯上も好ましくありません。

人それぞれ程度の差はあるでしょうが、目覚まし時計のけたたましいベル音や、電子アラーム音で「起こされる」のを快く思っている人なんていないんじゃないでしょうか。

私はその最たるもので、どうしても翌朝寝坊できない時は、止む無く携帯のアラームをいくつもセットしたり、息子の目覚まし時計を借りたりしてますが、目覚まし時計で起こされた日は少なくとも午前中はずっと気分最悪です^^

何か、自然に起きれるいい方法はないものかと探していたところ、注目すべきモノを見つけたんです!

それが、「めざましカーテン mornin’ plus(モーニンプラス)」です。

今回は、このめざましカーテン モーニンプラスについてご紹介させていただきます。

スポンサード リンク


めざましカーテン mornin’ plus(モーニンプラス)とは

めざましカーテン モーニンプラスとは、一言で言うと、カーテンを自動で開閉できる装置です。

モーニンプラス本体をカーテンレールに取り付け、スマートフォンと接続することで、

  • 設定した時間にカーテンを自動で開閉

  • リモコン感覚で任意にカーテンを自動で開閉

といったことが出来るようになるのです。

カーテンの開け閉めも地味に面倒ですから、それが自動でできるようになれば何気にとても便利だと思いませんか^^

朝、カーテンが決められた時間に自動で開いて、光で自然に目覚めることができたらなんと便利なことでしょう。

これで、目覚まし時計のいまいましい騒音で起こされるストレスから解放されますよね。


スポンサード リンク

めざましカーテン mornin’ plus(モーニンプラス)のウリは?

めざましカーテン モーニン「プラス」というその名が示すように、元々前の機種があって、今回の新機種は前機種の数々の不評だった点を改善したものになっているようです。

そのウリとは、

  • 取付簡単
  • 前機種では、取り付け時カーテンレールに押し付ける必要があり、取り付けにくいと不評だったようですが、新機種になって、取り付けがより簡単になりました。

  • 手動でもカーテンを開閉できる
  • 前の機種は本体をカーテンレールに取り付けると手動ではカーテンを開閉できなくなってしまい、本体を電動で動かさなければなりませんでしたが、その点が改善されました。やはり、手動でカーテンの開閉ができないのは不便ですからね。

  • 動作音が静か
  • 前機種は動作音が大きく、「朝日で目覚める前に動作音で起きてしまう!」なんて言われていましたが、新機種になって動作音も静かになりました。

  • モーターのパワーが強い
  • 前機種はモーターのパワーがイマイチで、厚手の重いカーテンの開閉時、パワー不足で開け切らないことがあったり、カーテンレールの段差を乗り越えられないことがあったりしましたがその点も改善しています。カーテン開閉時、途中で止まってしまうのは、ちょっといただけませんからね^^

  • 様々なカーテンレールに対応できる
  • これも前機種では、取り付けできるカーテンレールが限られてしまっていましたが、新機種になって取付できるカーテンレールの幅がひろがりました。

  • 家族で共有できる
  • スマホ連動だけあって、1台のモーニンプラスを家族みんなで共有できたり、複数のモーニンプラスがある場合、1台のスマホから最大4台のモーニンプラスを操作できたりします。


めざましカーテン mornin’ plus(モーニンプラス)の気になる点

前機種の数々の利用者の声を反映して、完成度の高いアップデートを果したモーニンプラスですが、「目覚まし」という目的の観点からすると、

  • くもりや雨の日は効果が半減するかも
  • まぁ天気のことなので仕方がありませんが、翌日の天候が良くない時は明るさが足りず、寝過ごしてしまうかもしれませんw
    天気予報には注意して、天気が悪そうであれば別の目覚まし方法を併用する必要があるかもしれません。

  • スマホがないと使えない
  • これも今の時代を反映して止むを得ないのかもしれませんが、折角完成度の高くなった製品なのですから、スマホなしでも使えるリモコンのようなものもセットになってくれるともっといいのですが。。

  • 両開きのカーテンには2台必要
  • これも当たり前といえば当たり前ですが、中央から両開きのカーテンの場合は2台必要になってしまいます。それを見越して、2台使い時の動作バランスも考慮されているようですが、それでしたら、お値段をもうちょっとお安く検討していただけるとなお良いかなと思います。



    さいごに

    目覚ましに太陽光を取り入れるというのは、非常に良いことですし、その発想を自動カーテンに着眼して製品化したというのはとても素晴らしいことだと思います。

    目覚ましとしてではなく、普通のカーテンを手軽に自動化できるというだけでも存在価値は十分にあるかと思います。

    前機種ではちょっと買い控えたでしょうけど、改善された『めざましカーテン mornin’ plus(モーニンプラス)』はかなり注目に値する製品ではないでしょうか。

    カーテンのないお宅では、他の目覚まし方法を考える必要がありますけどね^^



スポンサード リンク

 - ライフ, 眠りと目覚め