イクメンAKIRAのお役立ち情報

育メン歴20年の目線で生活をちょっと充実させる色んなお役立ち情報をお届け!

*

クワガタ採集の季節到来!バナナトラップ実践の結果は?

      2018/03/25

 
クワガタとスイカ 夏休みも本番の7月も終わりを告げようというこの時期は、いよいよ夏真っ盛り。我が家の中一の息子の昆虫採集熱も高まってきます。

お目当てはズバリ「クワガタ」

息子のこだわりは、カブトムシではなく「クワガタ」なのです。

それも、天然もののノコギリクワガタやミヤマクワガタ。市販しているものでは納得しないのです。

最近、横浜市内のとある公園内の雑木林で、ノコギリクワガタを発見したという信頼できる情報を得て、さっそく息子共々その雑木林に向かってみることにしました。

とは言え、闇雲に何の戦略もなく向かっても恐らくは出会えません。

そこで、クワガタたちへの手土産に「バナナトラップ」を持っていくことにしました。

さて、その結果は?

スポンサード リンク


バナナトラップの作り方

まずは、バナナトラップを作らねばなりません。
これはネットでよく紹介されている方法を参考に・・・

材料

DSCF0800 バナナ 4本 ¥168

DSCF0802 焼酎 220ml ¥152

DSCF0801 ドライイースト 3g×4袋 ¥118

砂糖:自宅で使っているものを流用

作り方

1.バナナ1本の皮をむき、細かくちぎります。
 皮も1センチ幅くらいに裂き、それを長さ2センチくらいに刻みます。

2.そこに焼酎50ml(大体)、ドライイースト1袋、砂糖大さじ1杯を加えます。
 材料も最適な配分があるのでしょうが、とりあえず本当に適当に配合しましたw

3.これらをよく混ぜ合わせ、封のできるビニール袋(ジップロック等)に入れしっかり密封。
DSCF0803
4.その袋を日なたなど、温度が高くなる場所に置いて発酵させます。
 ここでしっかり発酵させて、強い匂いを出させることが肝心! 

5.数時間放置し、ガスが発生して袋が膨らんできた頃が使いごろ。
 何とも言えない、いかにもカブトやクワガタが好きそうな匂いが鼻をつきます。

6.出来上がったバナナトラップは、
 こぼれないような蓋つきのビンや口広の容器に移し替えます。
DSCF0804

スポンサード リンク

バナナトラップ作戦決行!

あとは、クヌギやコナラなどクワガタが潜んでいるという広葉樹の森の木にバナナトラップを塗りつけるだけです。

場所は、横浜市旭区の、本当にどこにでもありそうな、こじんまりとした公園。その一角にある雑木林です。

本当にこんなところにクワガタがいたのだろうか、と半信半疑で夕方5時ごろ塗りつけ、3時間後の夜8時ごろ再度現地に行ってみました。

そして懐中電灯の光を当ててみると・・・

キタ――(゚∀゚)――!!

ノコギリクワガタのペアが仲睦まじく夜のデートを楽しんでいるではありませんか!
他には、バカでかいコメツキムシが数匹。

ここで、シャッタチャンスとばかりにカメラに手を掛けた瞬間、
ノコギリクワガタのオスは捨て身のダイブを決行!

おかげで決定的瞬間を写真に収めることはできませんでした。

おまけに私たち親子が慌てて木の下を探している隙に、
メスはどこかへ消え去ってしまいました。

そんな、自分を犠牲にしてメスを逃がした男前なノコギリクワガタ君はこちら

DSCF0808
サイズは5センチくらいと決して大きくはありませんが、大あごを広げて威嚇する姿が実に凛々しいです。

メスを取り逃がしたのは残念ですが、初めて野生のノコギリクワガタをゲットした息子は興奮気味で上機嫌。

まぁ、よしとします!


バナナトラップ、効果絶大です。


ちなみに、翌日の朝方、4時起きでもう一度現場に行ってみると、木に塗ったバナナトラップはほぼ干からびていましたが、それでも、カブトムシのメス2匹、コクワのオス1匹をゲットすることに成功!

DSCF0812

さいごに

初めて作ったバナナトラップでこんなに成果が上がるとは思っていませんでした。まぁ、ビギナーズラックというやつかもしれませんが^^

森を散策して、樹液の出ている木を発見できればいいですが、なかなか都合よくそんな木も見つかりません。またもし見つけたとしても、たいていはクワガタやカブトより先に、スズメバチが陣取っていて近づけなかったりします。

そんなときは、ぜひバナナトラップを仕掛けてみてください。

お腹を空かした森の住人たちがワサワサと集まって来るかもしれませんよ。

結構身近な森にもまだまだカブトムシやクワガタが潜んでいるものです。


スポンサード リンク

 - 季節のイベント, クワガタ採集 ,